銀座に移転祝いの胡蝶蘭を手配する

企業の本社や事務所が移転された場合、今後のますますの繁栄、繁盛を願って、移転祝いを贈ることがあります。
お世話になっている取引先などへ、お祝いのメッセージを添えて贈るなどといった事がビジネスにおいて欠かせないマナーの1つでもあります。
贈る時期の目安としては、相手方の移転が完了してから半月くらいまでが良いとされています。
おすすめの贈り物としてはやはり胡蝶蘭などの花があげられます。

よくオープンしたてのお店や企業などの玄関先に胡蝶蘭などの花がメッセージや名前入りでおいてあるのを見かけたことがあるかと思います。
胡蝶蘭はそういった商売やビジネスでのお祝いごとににはよく使われる花で1か月以上も咲かせ続けるので、すぐに枯れてしまう花より選ばれる傾向が多く、お祝いごとにはおすすめの花と言えます。

取引先の移転祝いに何を贈るか纏っている人も多いと思います。一般的には生花、多くは胡蝶蘭を送るのが非常にオーソドックスであり、また礼儀もわきまえていると感じられるものです。
特に親密ではないが大切な取引先で有れば、他と見劣りしない程度の胡蝶蘭を送るのがおすすめです。

生花を送る理由は、生きた花でその発展を祝し願うといったメッセージが含まれています。長持ちするからと造花を送ろうとする人がいますが、時と場合によって失礼になることがあるので、先方からのリクエストがあるとき以外は避けましょう。

また、親しい関係で有れば観葉植物の様な実用的なものを送ったりすることも喜ばれます。値段は安いですが実用的で、また対外的に親しいというメッセージにもなります。(冬季は観葉植物は取扱いがほとんどありません。)

通年を通して手配できる胡蝶蘭がおすすめになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする